心と身体のリラクゼーション|眠れる森

眠れる森
ホーム

お知らせ

お店紹介

コース紹介

商品紹介

お客様の声

アクセス

happypresent

ブライダルエステスペシャルコース

bitoiyashi.jpg
blog.jpg
staff.jpg
school.jpg

心と身体のリラクゼーション
眠れる森

住所/山形市南館2-1-8
TEL/023-646-8633
営業時間/10:30〜
※最終受付はお問い合わせ下さい
駐車場6台完備
★ご予約優先となりますので
 お電話での予約をお薦めします。
★当日でもご予約可。

☆アパートは、住む人で環境が変わる…( ^_^)☆

2021/06/24 07:34/☆アパートは、住む人で環境が変わる…( ^_^)☆
一軒家に住んでいる人以外が おののく事柄があるらしい…

それは何かと言うと…

自分のアパートに関係する上下左右が、

引っ越した時に、次にどんな人が入ってくるかで

自分の住まいする環境は、ストレスまみれになるか?

快適な住まいとなり毎日を送れるのか?

に違いが出て

良い意味で環境が変われば良いけれど

そうはいかない時には 苦痛が伴うと言います。


(>_<)


これってアパートに住んでいる人は誰でも思うこと
なのかも知れません。

 

以前、【アパートの自分の敷地はどこまでだと思う?】

と様々な思いを伝えてくれた友人は

とても周りが静かな閑静な場所に住んでいるので

駐車場では絶対に会話をしないと言っていました。

外で会話をしているのが全て聞こえるらしく…>_<

車は通るが  鳥のさえずりがいつも聞こえている場所
だから
なおさら  彼女には
音が敏感に聞こえるのかもしれません…


【一軒家 で、無い限り

ある意味  集団生活なのにそれを気にしない人は

アパートの階段をドガドカ駆け上がったり

ドアを開けたら   手放しで閉める…

そりゃ‥手を添えて、音を少しでも気にしながら閉めなくては
バンッって閉める度に
音は響くよぉ〜(@_@)】と


友人は言っていました…


特に21時以降のドアの開閉と足音には

周りへの気配りが必要です。
(>_<)



そして2階に、登る為の階段の手すりがあるらしいのですが

この季節からは、アパートの光に虫が寄り

それに蜘蛛の巣がはったりして、手すりを 
 
 触るのもイヤなぐらい

汚れてくるらしいのです。>_<

だから1年に数回、階段手すりを上から下まで

自ら

全部水拭き掃除をすると言っていました。( ^_^)


各部屋に入る為の入り口も少し広めらしいのですが

1階の誰もが通る入り口には、

落ち葉なども溜まりやすく

毎日、住人はそこを通るのに誰一人

片づける事は なかったらしいです。>_<

その落ち葉やごみは、1階に住まいする人が、

今は使用しない雪はき用のスコップを玄関前に置き

それに

引っかかり溜まりに溜まっているのに

掃除もせずに…とのこと…(@_@)


管理人さんがいてもお掃除など意外と来ないモノです。

だからこそ そこに毎日住まいする住人が

ひとりひとり気をつけなくてはならない毎日の目にする

環境もあると思います。


何事に於いてもルールあり
他人を思い遣る気持ちが
大事で
小さな事にも
☆目配り、☆気配り、☆心配りが必要なんだと思います。


アパート住まいする方々にありがちな

アルアル話でしたぁ(//∇//)


アパートに於けるドア前は
誰も通らない場所であればモノも置いても多少良いと
思いますが
そこを通って2階に上がる住人がいるのであれば
【個人のモノ】は、ドアの中や
アパートに、設置されている小屋などに入れるべきだと
個人的に思いました‥

(>_<)

アパートに住まいする方々は、
こんなパターン意外と多いんですかね?

気がつかない!

のではなく

気が付こうとしないから気が付かないのです。


だから

他人に気遣いが出来ないのです‥



(||゜Д゜)ヒィィィ!

山形市南2-1-8
心と身体のリラクゼーション
眠れる森

023-646-8633
2021/06/24 07:34 (C) 心と身体のリラクゼーション 眠れる森

▼この記事へのコメントはこちら

名前
件名
本文
画像
URL
編集用パスワード (※半角英数字4文字)

手動入力確認イメージ (※イメージ内の文字を小文字の半角英字で入力して下さい)
手動入力確認イメージ


 ※投稿後すぐに反映されます。
心と身体のリラクゼーション|眠れる森 山形県山形市体の内側から疲れを癒す空間。エステティック、アロマテラピー、英国式リフレクソロジーと3つのリラクゼーションをもとにコースをご準備しています。山形市にある、心と身体のリラクゼーション眠れる森。ぜひ、お気軽に足を運んでみてください。