心と身体のリラクゼーション|眠れる森

眠れる森
ホーム

お知らせ

お店紹介

コース紹介

商品紹介

お客様の声

アクセス

happypresent

ブライダルエステスペシャルコース

bitoiyashi.jpg
blog.jpg
staff.jpg
school.jpg

心と身体のリラクゼーション
眠れる森

住所/山形市南館2-1-8
TEL/023-646-8633
営業時間/10:30〜
※最終受付はお問い合わせ下さい
駐車場6台完備
★ご予約優先となりますので
 お電話での予約をお薦めします。
★当日でもご予約可。

☆人に優しき接客とは…言えない…  >_<  ☆

2022/10/27 07:01/☆人に優しき接客とは…言えない…  >_<  ☆
何だか、最近、効率だけを考えているかのように
なんでも自動化になってきているような気がします。

店舗での支払いが全て自動化と言う店もあり
スタッフが、レジを担当する事が全くなく
全てお客さまが、行う事に…  >_<

では…
店の人間は何をしているかと言うと
操作不明な方がいたら教える
または、万引防止のために立っているだけの様になり
夕方近くに行けば店内には
そこに、張り付いて居なくてはならないスタッフ
1名と
他1名…

商品に関して不明な質問をしたくても
店内探してもスタッフがいないと言う状況下…です。
(>_<)

別の店に行けば
商品をレジに通すけれどそれに伴う支払は全て 
お客さまが行い
こちらは、店員さんが、目の前に佇んでいる前で
店のカードを出しお金を入れ込み
また、お金をしまい、
商品をバッグに、入れ込み…
やることたくさんあり過ぎるのに
目の前に、立っている
店員さんは、
商品をレジに通したら、そのまま何もする事が
無いかも知れないけれどお客さん側は
タイヘンなんですよぉ>(>_<)

更に自分の後ろにお客さまがまっていたら
そりゃあ、やはり焦ります…

せめてレジから移動してゆっくり商品を
入れ込む場所を確保出来るスペースが
欲しいモノです。

米沢での  とある新店舗に行った際にも
オープンに伴いお客さまの入りは、やはり
多く
セルフレジに、長蛇に並ぼうがレジがあるにも関わらず
スタッフは人が介するレジを 
全く開けず
セルフレジに人を促してはいるけれど
やはり、ご年配の方々や操作の不明な方々で
結局混乱を招く事になっているような気がしました。


表示された通りに、支払を進めれば良いと言われても
解らない!
買い物も出来なくなりそうだ!と
母は、言っていました…(@_@)

確かに、商品を購入するだけで
ストレスを感じてしまう方もいることはやはり
動かせない
事実なのかもしれません.

【セルフレジがご不明な方も居られるし時には
それで混雑を招いているかも知れないのに
レジを開けないんですねェ〜】

と伝えれば、返ってきた答は

【セルフレジに慣れていただかないと…】

の一言…
(+。+)アチャー

それは何だか優しく無い回答のような気がします。


店側にしたら、人件費の削減

レジに人を置かなければ

商品出しやその他の業務作業に、人を回す事が
 
出来ると思っているかも知れませんが

買い物をする時に、お会計の際に

ストレスを感じながら

購入しなくてはならないような気分にさせる事は

NGな事であると私は個人的に思います…


きっと…将来の先には
店内で買い物をしたあと
店外に出た際に
何もせずに
スマホに
【ご購入ありがとうございましたm(_ _)m
またの御来店お待ちしております…】チャリンと言う
音声が流れ
全て口座からでも引き落としになるんでしょうね…

(^_-)
人と人が接する
接客業なんて職業は、皆無になってくるの
でしょうかね?

何十年も人と関わりを持つ接客業、
いわゆるサービス業に携わってきた 私に
とって何だかそれは淋しい限りであります…

(+。+)アチャー

やはり心と心が、なごみ合うそんな
接客をこの先も行っていきたいと思います。


山形市南2-1-8

心と身体のリラクゼーション
眠れる森

023-646-8633


2022/10/27 07:01 (C) 心と身体のリラクゼーション 眠れる森

▼この記事へのコメントはこちら

名前
件名
本文
画像
URL
編集用パスワード (※半角英数字4文字)

手動入力確認イメージ (※イメージ内の文字を小文字の半角英字で入力して下さい)
手動入力確認イメージ


 ※投稿後すぐに反映されます。
心と身体のリラクゼーション|眠れる森 山形県山形市体の内側から疲れを癒す空間。エステティック、アロマテラピー、英国式リフレクソロジーと3つのリラクゼーションをもとにコースをご準備しています。山形市にある、心と身体のリラクゼーション眠れる森。ぜひ、お気軽に足を運んでみてください。